私たちの生きているこの世界は

空気で満たされています。

人間もこの空気がなければ

生きていけません。

この空気はどのような組成で

なりたっているのでしょう。

空気の組成

窒素 78%前後

酸素 20%前後

アルゴン 1%前後

二酸化炭素 0.04%前後

上位4つの成分でほぼ99%を超えて

しまいます。他にもたくさんの成分

がありますが、極わずかな量です。

この成分は乾燥空気の場合であり

この中に水蒸気などが0.5~2%の

範囲で入りこみます。

こうなると100%超えてしまう

と言われそうですが、あくまでも

成分の割合ですのでご了承ください。

上記の水蒸気の混入量により湿度が

高くなったり、低くなったりします。

いかがでしょう?近年話題の二酸化炭素

Co2は空気中では組成成分率では0.04

%程度しかないなど意外だと思います。

また、窒素が約78%前後と多いのも

意外ですよね。

水蒸気と雨粒の粒子の大きさについて

水蒸気の粒子は0.0004μmという非常に細かな大きさです。

雨の粒子は2000㎛です。 両者比較しましても明らかに、

はるかに水蒸気の粒子の大きさは小さいのです。

市販のキャビネットやBOXのIPグレードは54,55,56レベル

が多く、推奨するIP67レベル筐体は高価です。

しかし、IP54,55,56レベルのキャビネットを使用しても

屋外で雨などの侵入は防げても、水蒸気は簡単に侵入します。

キャビネットの水の返し部分につぶれやすく、気密性確保

可能なEPDM製のパッキンを隙間なく全周貼る。

ケーブルの入線口は入念に不乾性パテでてんこ盛りにシール。

上記内容でかなり改善しますし、結露防止器取り付け時必要な

簡便な気密性が確保可能です。

水蒸気の侵入はみなさんの想像以上です。