結露というとみなさんはどのような

事を思い浮かべますか?

氷の入りの冷たい水が入ったグラス

があるとします。しばらくすると

グラスのまわりに水滴が発生、付着

する現象。

また、窓ガラスの内側に水滴が付着

する現象。

上記2点は非常多くの方が思い浮かべる

現象だと思います。

そして結露の原因は?となると温度変化

によって発生するので、温度変化を

おさえればよいと考えている方がおられます。

しかし、それは半分正解で、半分

?マークです。

ここに飽和水蒸気曲線があります。

このグラフは1㎥の中に最大で

水蒸気の状態のままでいられる

量を温度別にグラフにしたものです。

横軸が温度、縦軸が水蒸気量です。

代表的な温度別の水蒸気量は下記

のとうりです。

10℃の時 9.3g

15℃の時 12,8g

20℃の時 17.2g

25℃の時 22.8g

30℃の時 30.4g

35℃の時 39.2g

グラフCの時 35度の状態で39g

程度の水蒸気量があるとします。

この量は水蒸気でいられるギリギリ

の状態です。

ここで温度がグラフBの25℃まで

下降した場合、25℃の時の飽和水蒸気量

22.8gですから、差のオレンジ枠分の

水蒸気は水分に変化し結露状態になります。

この点で温度差で結露が発生するという事

はまちがいありません。

しかし、グラフA 15℃の時水蒸気量12g以下

の時温度は変わらずさらに水蒸気が浸入すると

飽和水蒸気曲線の値との差が結露して水分に

変化します。

要約しますと飽和水蒸気曲線の値(水蒸気の状態

でいられる状態)を超えるか、超えないかで結露

するかが決定するという事です。

上記のコップの現象をご説明しますと、コップ内に

冷たい液体が入っている為、コップの外側と空気が

接する部分は周囲より、温度が低くなります。

こうなりますと、上記の飽和水蒸気曲線より、コップ

に接っした水蒸気が露点に達して水滴に変化し、コップ

表面に付着したという事です。

ヒーターなどは温度を上昇させて結露をしにくく

していますが、湿度は高湿度のままで異物侵入や

腐食(錆)の進行を防ぐ事はできません。

また、盤内に設置されている さまざまな電子機器、制御機器類

のメーカー様の取説を拝見しますと、使用周囲湿度の上限は

相対湿度85%以下がほとんどです。さらにそこには(結露なき事)と

記入がございます。 85%以上で使用は、メーカーとして保証できません。

さらに、結露発生などは絶対あってはならず、故障しても保証の対象に

ならない事を示しています。

この様な状況下でも盤やBOX内で使用されている電子機器類の多い事

は改善しなければなりません。

盤やBOXを閉鎖せずして、電子除湿器やヒーター、ジェル状吸湿材でかろうじて

結露を防止しても、隙間からどんどん水蒸気侵入が継続する為、

周囲湿度が100%程度が継続すれば、盤内、BOX内では、よくて90%程度で

使用相対湿度の85%以下まで降下しません。(当社、大手ユーザー様との比較

試験データーより) また ため込むタイプの上記シート吸湿材は限界値以上に

吸湿できず、ふくれあがり破れる事もございます。

本当の意味で使用状況を遵守でき、対策ができ、メンテナンスフリーの商品を

ご選定下さい。